FC2ブログ

台湾で食べまくり peko

ARTICLE PAGE

札幌雪祭り旅行2日目

東南アジア、香港、その他旅行記
  • comment0
  • trackback0
まずは楽しみにしていた札幌ビューホテルの朝ごはんです。
北海道産の食材で作ったおかずがたくさんありました。
種類もたくさんあって目移りしてしましました。

























お腹がいっぱいなった後は、ホテルのすぐ目の前にある札幌雪祭り会場へ出かけます。






冬もあまり寒くない南国台湾に住んでいるので、北海道を真冬に訪れるためにどんな服装が良いのか、毎年旧正月に北海道に遊びにいっている友人から詳しく教えてもらいました。
最初はザ・ノースフェイスですすべて揃えようと思ったのですが、オンラインショップは子供用の在庫が売り切れていることが多く、あきらめてモンベルにしました。モンベルは日本のメーカーなので品ぞろえも価格も手ごろでした。


札幌市内も雪で路面が凍っていることが多いと伺っていたので、靴も雪道を歩くのに転びにくいものを揃えました。夫はコロンビアのブーツ。
私はザ・ノースフェイスのヌプシブーティにしました。
クチコミ通りおかげで薄い靴下でも足先が冷えることはありませんでした。また雪で凍っている道でも転んだりすることもなかったです。
滞在中快適でした。



子供たちはモンベルで全身をコーディネートしました。https://www.montbell.jp/
日本のアウトドア綜合メーカーです。
サイズや種類も豊富にあって、オンラインショップも在庫がきちんとありました。事前にネット上で購入して実家まで宅配してもらいました。
モンベルは20㎝の身長差に対応できる作りなのがさらに良かったです。

長男は8歳の長男にはパウダーステップジャケットとアルパインパンツを買いました。ネックゲーター、スノーブーツ手袋もモンベルです。
ジャケットは帽子付きにしました。子供の世話をしていると帽子をなくしそうだったので、ジャケットについていて丁度良かったです。
ネックゲーターは首と顔を守るためのものです。
首も寒いけど、顔も寒いと友人がおしえてくれました。
形も筒状になっているので、なくすこともありませんでした。


4歳の次男にはパウダーカバーオール、ネックゲーター、スノーブーツ、手袋。 
防水製で中綿にも温かい素材を使用しています。
カバーオールですが、トイレもしやすいように、ジッパーが一番下についていて、足だけガバッと開けられるようになっています。やはり日本製品は痒いところにも手が届くようにできています。
どちらも帽子付きです。帽子もつばが深いものだったので、途中ふぶいてきても、雪が顔にかからず、快適そうでした。

防水と保温重視しました。
ちなみに中の下着は下は上下ともにユニクロの極暖にしました。
これで雪遊びの間も寒くなることはなかった様です。
おかげさまで南国育ちの子供達が体調を崩すことはなかったです。





ダイナミックな作品が展示されています。
地元の幼稚園の子供たちも見学に来ていました。
やはり小さい子はしっかり防寒着を着ています。




屋台もあります。




そしてうれしかったのがこのメッセージ。
台湾のことを気にかけてくださって本当にありがとうございます。











あまり知られていないのですが、札幌雪祭り会場は3つに分かれています。
テレビでよく放映されるのは大通り会場、小さい氷の彫刻の作品はすすきの会場に飾ってあります。
そしてもう一つは子供たちが雪遊びをできる会場になっています。
http://www.snowfes.com/index.html
今回の旅行の目的は雪で遊んだことがない南国育ちの子供を遊びに連れてくることでした。



電車へのって「つどーむ会場」へ向かいます。
地下街に鳥さんが見学できるスペースがありました。





http://www.snowfes.com/access/index.html
大通り駅から栄町駅まで7つ目の駅です。
2番出口からシャトルバスでつどーむ会場へ向かいました。
徒歩ですと15分かかるようです。







つどーむ会場に到着です。
一面雪! 私も久しぶりにこんなにたくさんの雪を目にしました。





そりや滑り台などなど小さい子供も十分遊べるように会場が準備されています。
















たっぷりと遊んだ後はお腹がすきます。大規模な休憩所もあるので心配無用です。
いろいろな食べ物も販売しています。
ここでお昼休憩をとりました。









それからまた日が暮れるまで雪でめいいっぱい遊びました。
記念撮影もしてくれるサービスがあります。1000円です。









余談ですが、手袋代をケチった私は、薄手のものを買ってしまいました。それが間違いでした。
ウオータープルーフでしたが、薄手すぎて指先が冷えで辛かったです、、、 北海道の真冬は半端な寒さではありません。途中で吹雪いて寒さがさらに増すので、普通の街歩きでも完全防寒着が必要です!





大通り駅まで戻って晩御飯に行こうとしていたカニ放題のレストランへ行きましたが、あいにく満席でした、、、予約も取れませんでした。
旧正月をあまく見ていました!観光客がどっと押し寄せるのですね。



歩いて別のレストランに行きました。とちゅうですすきの会場を通り過ぎました。




もう一つ有名なかに食べ放題の店に到着
こちらはなんとか席がありました。




食べ放題6500元のBセット(タラバ足とズワイ足)にしました。
小エビの天ぷら、えび握り、かに握り、えび天握り、茶碗蒸し付きです。小学生は半額、小学生未満は年齢×108円でした。
食べ放題ですが、やはりおいしい海鮮が揃っている北海道。
新鮮さが全然普段いただくたらばガニとは全然違います。













札幌名物夜にしか食べられない夜パフェを食べたかったのですが、やっぱり寒くて、また沢山着込まないといけなく、外に出るのが億劫で断念しました。 2月の札幌なめてました、、、








3日目に続く








https://www.facebook.com/台湾で食べまくり-peko-856847314484368/
Facebookページ
お友達リクエスト待っています^^

https://www.instagram.com/tabemakuripeko
インスタグラム
フォローお待ちしております♪


人気ブログランキングへ
(文字をクリックするとランキングが上がります、応援ありがとうございます^^)
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply