FC2ブログ

台湾で食べまくり peko

ARTICLE PAGE

奈良旅行2日目

東南アジア、香港、その他旅行記
  • comment0
  • trackback-
2日目は奈良交通路線バス一日乗り放題の「フリー乗車券」を買いもとめ、奈良の観光の一日始まりました。
奈良市内の世界遺産や観光スポットを回るのにとても便利です。

DSC08606_R.jpg
DSC08605_R.jpg
DSC08607_R.jpg


早速鹿さんに会うために奈良公園へ  
バス停から降りるとすぐに鹿さんが寄ってきてくれました。
人に慣れているのもありますが、真冬のせいか動きもゆっくりです。
人に触られるのにも慣れていましたし、子供が触ってもおとなしくしていました。
とってもかわいいです♪
DSC08609_R.jpg
DSC08613_R.jpg
DSC08616_R.jpg


朝ごはんがまだったので、世界遺産春日大社の境内にある茶屋に行きました。

春日荷茶屋
DSC08620_R.jpg
DSC08622_R.jpg


万葉粥や甘味などを提供しています。
ゆったりとした時間が流れている雰囲気と風情のある庭園の眺めも格別です。
DSC08624_R.jpg
DSC08626_R.jpg
DSC08625_R.jpg


季節限定の万葉粥、2月は大豆でした。さっぱりとしたダシは朝ごはんにもぴったり。
その他、葛餅や柿の葉寿司のセットになった大和名物膳も一度に奈良の名物をいろいろ食べられます。
午前10時から営業しています。
DSC08627_R.jpg
DSC08634_R.jpg
DSC08631_R.jpg
DSC08632_R.jpg
DSC08629_R.jpg
DSC08630_R.jpg


そして世界遺産の「春日大社」へ
向かう途中の参道にもたくさんの鹿さんがいました。
DSC08618_R.jpg
DSC08638_R.jpg
DSC08639_R.jpg
DSC08640_R.jpg
DSC08648_R.jpg
DSC08651_R.jpg


全国に3000社ある春日神社の総本社。ユネスコの世界遺産に登録されています。
神域とされていた御蓋山に建てられ、平城京の守り神であった社は強力なパワースポットとして有名です。
DSC08654_R.jpg

釣灯篭が美しい朱塗りの廊下。お土産にもぴったりの鹿みくじが買えます。
DSC08665_R.jpg
DSC08664_R.jpg
DSC08662_R.jpg


境内や周りに広がる奈良公園にはたくさんの野生の鹿さんがいます。
人に慣れているので、触れ合うことができます。つぶらな瞳でとっても可愛らしいです。
おやつのしかせんべいをあげてかわいい鹿さんたちを喜ばせてくださいね。
DSC08666_R.jpg


そのまま歩いて次の世界遺産を目指します。
Google マップを頼りに歩きます。途中にも国宝級の美しい建物がたくさんありました。
DSC08676_R.jpg
DSC08678_R.jpg
DSC08687_R.jpg
DSC08689_R.jpg
DSC08690_R.jpg


徒歩約20分で着きました。歩いている途中にも鹿さんがたくさんいました。
奈良と言えば東大寺と言えば大仏。「東大寺」は一生に一度は訪れたいと思っていました。
DSC08711_R.jpg
DSC08705_R.jpg

「東大寺」
DSC08717_R.jpg
DSC08721_R.jpg
DSC08722_R.jpg


「盧舎那仏坐像」が鎮座しています。
15メートルもある実に大きな仏像で、見るものを圧倒させます。
DSC08728_R.jpg
DSC08726_R.jpg
DSC08730_R.jpg
DSC08735_R.jpg

DSC08733_R.jpg
DSC08729_R.jpg

世界最大級の木造建築物規模を誇る大仏殿の中には柱の穴があり、くぐると頭が良くなると言われています。
子供がくぐるのに丁度いサイズでした。
DSC08740_R.jpg


ランチの時間になったので、ならまち辺りでお店を探します。
奈良の観光の人気エリアです。近鉄奈良駅附近になります。
奈良出身の友人も奈良観光にはこの辺りを勧めていました。
DSC08776_R.jpg


丁度ビラを配っていたので、こちらにしました。「奈良オモテナシ食堂」
奈良の大和野菜をふんだんに使用した小鉢がたくさんのランチセットを楽しみました。
DSC08749_R.jpg
DSC08753_R.jpg


ならまちにはかわいいお土産屋さんもいろいろあります。
DSC08757_R.jpg
DSC08758_R.jpg
DSC08760_R.jpg
DSC08761_R.jpg
DSC08763_R.jpg
DSC08765_R.jpg


デザートには付きたてのよもぎもちを食べました。
「中谷堂」
メディアに度々取り上げられる超有名な高速餅つき!
勢いの良い掛け声とともに、きねとつきで絶妙なタイミングでお餅をすぐ姿を目の前で見られます。
DSC08772_R.jpg


つきたてのよもぎ餅の中には粒あんがたっぷり。よもぎの新鮮な香りが鼻を喜ばせてくれます。
よもぎの良い香りと、あんこのハーモニーを是非味わってみてください♪
DSC08773_R.jpg
DSC08767_R.jpg
DSC08774_R.jpg
DSC08775_R.jpg


ならまちを散策した後はこちらのお茶屋さんで一休憩。
「柳茶屋」
DSC08779_R.jpg


明治初期創業のお茶屋。140年前に建てられた純和風の佇まいが凛としています。
アンティークの調度品が多々あるお座敷でいただく甘味はタイムスリップしたかのような気分を味わえます。
目の前に広がる猿沢池の美しい景色も格別、ゆったりとした時間を過ごせます。
DSC08780_R.jpg
DSC08797_R.jpg
DSC08798_R.jpg
DSC08791_R.jpg
DSC08778_R.jpg


それから阿修羅像で有名な興福寺へ行きました。


「興福寺」
木造としては五重塔は京都・東寺の教王護国寺について日本で2番目に高い塔があります。
北円堂など境内には注目必死のお堂がいくつもあります。
DSC08803_R.jpg
DSC08811_R.jpg


2018年に再建された中金堂、四天王像が安置されています。

境内にある国宝館では、教科書でおなじみの「阿修羅像」が安置されているんです。ガラスケースなし、近距離で見られて感動ものです!
DSC08813_R.jpg
DSC08812_R.jpg


それからバスに乗って近鉄奈良駅に戻りました。
DSC08815_R.jpg

駅前にある柿の葉寿司の有名店「たなか」で彩り豊かなごしょうらくというお寿司のセットを買いました。
DSC08817_R.jpg
DSC08818_R.jpg
DSC08819_R.jpg
DSC08820 (2)_R


さらに商店街を散策します。気になった和菓子屋さんでおやつを買います。
DSC08820_R.jpg


「萬勝堂」
DSC08821_R.jpg



昔ながらの手法を大切にしている和菓子屋。奈良の歴史と伝統を重んじ丹精込めた和菓子を提供しています。
ふっくらと焼き上げた生地と最高級の小豆で作り上げた『三笠』がおすすめ。
つぶあんとこしあんがあるので、お好みでどうぞ♪
直径16cmの大きい三笠も販売しています。手焼きの香ばしい生地が印象的です。
重さもしっかりあるサイズ感で、お腹いっぱい三笠をほお張れますよ!
季節の生菓子もとってもかわいらしいです♡

DSC08823_R.jpg
DSC08822_R.jpg




商店街にあった小さなお店の店頭に奈良県産のいちごが並んでいました。
その中でも一番大きいものを選んで買いました。

巨大ないちご! 奈良産の「古都華 KOTOKA」です。
てのひら半分は埋まってしまうほどの大きさは誰もがびっくりしてしまいます!
真っ赤で艶々、肝心の味も甘さが引き締まっていて実に美味しかったです。
季節ものなので、見つけたら必ずゲットしてくださいね。
DSC08826_R.jpg
DSC08830_R.jpg
DSC08831_R.jpg


バスに乗ってJR奈良駅まで戻りました。
晩御飯は駅ビル「ビエラ奈良」にある吉野本葛を使用したうどんにしました。

「天極堂」
DSC08834_R.jpg


奈良名産の吉野本葛を使用した料理や甘味を提供しているお店。
飲食スペースが設けてあり、葛を使用したうどんやカレーなどがいただけます。

JR奈良駅店限定メニュー「卵とじ葛うどん」は吉野本葛のとろみがしっかりとしたお腹にも優しい一品です。
他に葛カレーなど体にも良い葛を十分に味わうことができます。
お店の人気ナンバー1メニュー葛菓子をふんだんに取り入れた葛づくしの「極パフェ」もデザートにおすすめです。
葛を使った葛もちや葛切りなどの和菓子もお土産もいろいろありますよ。
DSC08840_R.jpg
DSC08842_R.jpg
DSC08848_R.jpg
DSC08838_R.jpg
DSC08835_R.jpg



2日目の世界遺産巡りはこれで終了です。
3日日目に続く
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply