FC2ブログ

台湾で食べまくり peko

ARTICLE PAGE

大来小館 (台湾料理、家庭料理、ルーロー飯)

台湾料理、客家料理
  • comment0
  • trackback-
永康街にある人気の台湾料理のお店。
台湾の一般家庭で食べるようなお料理を味わえます。
2012年にルーロー飯の大会で優勝したこともあります。

DSC07663.jpg


台北市永康街7巷2號

02-2357-9678

営業時間: 11:00-14:00, 17:00-21:30(月-金)、11:30-21:30(土日)




店内は台湾の古民家風のインテリア。
個室が2つあり。1つが8人用。もう1つが16人ほど入れます。
ベビーチェアーあります。
DSC07664.jpg
DSC07665.jpg



メニューには伝統的な台湾料理が揃っています。
写真は韓国語併記になっていますが、日本語版もあります。
アルコールは台湾ビール、紹興酒、高粱酒、ウイスキーなどがあります。
DSC07666.jpg
DSC07667.jpg
DSC07668.jpg
DSC07669.jpg
DSC07670.jpg
DSC07671.jpg




平日の午後12時ごろに利用しました。7割ほどの客入りでした。




招牌料理(看板メニュー)などを中心に注文しました。


前菜2種
台湾らしい昆布とタケノコの煮物
DSC07673.jpg
DSC07674.jpg


手()鶏
鶏肉を小さく割く、きゅうりと和えたもの
お店の看板料理の一つです。
鶏肉はスモークされていて、その味と良い香りが口に広がります。
きゅうりでさっぱりといただけます。
DSC07676.jpg


海蝦仁炒飯
えびチャーハン
DSC07678.jpg


滷肉飯(ルーロー飯)
ルーローがとても細かいのが特徴です。八角などはあまり使われていなく、
外国人にも受け入れやすい味付けです。しつこくないいい味でした。
ご飯もおいしいです。
DSC07681.jpg


炒蔭鼓()発酵黒豆、牡蠣、豆腐の炒め物
発酵黒豆ソースのしっかりした味付けが台湾の小ぶりな牡蠣や豆腐
をおいしく味付けていました。
DSC07682.jpg


香()香腸(原味) 台湾ソーセージ(オリジナル)
甘めの味付けの台湾ソーセージはいつ食べても美味しいです。
DSC07685.jpg


自製紅糟肉 豚肉の唐揚げ
生姜と一緒にいただきます。
一般的な台湾の豚の唐揚げと少し違う味でしたが、美味しくいただきました。
DSC07686.jpg


炒水蓮 水蓮の炒めもの
冬で丁度旬でした。緑色が美しく炒めてあります。
美味しくいただきました。
DSC07689.jpg


香()鶏塊 鶏のから揚げ
さつまいもの粉をまぶして油で揚げています。
香味野菜がたっぷりと使われていて、大人な味付けでした。
DSC07691.jpg


切仔麺
DSC07693.jpg


炒櫻花蝦竹筍
桜エビ、たけのこ、塩卵を炒めた料理
さくらエビと筍の千切りと卵が炒めてありました。筍の千切りが丁寧でいいです。さくらエビの香ばしさが料理を引き立てていました。
DSC07695.jpg


蛤仔湯 はまぐりとヘチマのスープ
台湾のスープにしては味がしっかりとしていました。
DSC07696.jpg


サービスの台湾オレンジ
冬が旬なので美味しいです。
DSC07697.jpg



サービスいいです。にこやかに対応してくださいました。
何度がリピートしていますが、相変わらずいい味でした。
鼎泰豊(本店)の裏手にお店があります。


台北市麗水街13巷2號 (永康街エリアにあるもう他店舗の住所です)



台北市永康街7巷2號

02-2357-9678

営業時間: 11:00-14:00, 17:00-21:30(月-金)、11:30-21:30(土日)






にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
クリックするとランキングが上がります、応援ありがとうございます♪


台湾ランキング
クリックすると他の方の台湾情報ブログも見られます。クリックするとランキングが上がります、応援ありがとうございます♪


https://www.facebook.com/tabemakuripeko/
Facebookページ
お友達リクエスト待っています^^

https://www.instagram.com/tabemakuripeko
インスタグラム
フォローお待ちしております♪


https://jp.popdaily.com.tw/
Pop Dailyに記事を寄稿しています^^

https://www.tour.ne.jp/matome/list/152/
トラベルコに記事を寄稿しています^^

スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply