FC2ブログ

台湾で食べまくり peko

ARTICLE PAGE

鶯歌(陶器の街)へ半日旅行

台湾グルメ (台中、新竹、高雄、宜蘭など)
  • comment2
  • trackback-
台北近郊の町『鶯歌』、陶器の街として有名です。
茶器、壺、お茶碗やお皿などの様々な陶器と窯
陶器好きにはたまらないスポットとなっています。

台湾に嫁いで10数年、初めて鶯歌に赴きました。
車で約35分ほど向かえます。

台北から高速バスや電車も出ています。
鉄道がお手頃な価格で便利です。

鉄道の場合、台北駅から鶯歌駅まで約40分
917番と981番のバスで新北市の土城にあるMRT永寧駅から鶯歌駅に向かいます。



陶器のお店が集まっている鶯歌老街へ向かいました。
DSC_0261.jpg



右を見ても左を見ても陶器ばかり、大きな漬物用に使う大きな壺まで売られています。
お店によって売られている陶器も様々で面白いです。
DSC_0270_20190813143925bd2.jpg

DSC_0265.jpg

この底に金魚がいる小さな器も長年人気商品です。手ごろな値段なのでお土産に買っていかれる方が多いそうです。
DSC_0266.jpg

三国志ファンなら一度は持ってみたい諸葛孔明のセンスに似たものも売られていました。
DSC_0271.jpg





5月末でしたが、すでに30度ぐらいありましたので、歩いているだけで、汗をかきます。ということで食べたくなるのが、冷たいもの。
台湾を代表するスイーツの豆花とかき氷のお店が鶯歌老街にありました。ちょっと休憩するのに絶好のロケーションです。



阿??豆花
豆花、黒豆の豆花、かき氷の3種類を扱っています。
DSC_0276_20190813143913247.jpg
DSC_0280_2019081314391478e.jpg
DSC_0281.jpg


豆花は冷たいものは氷を入れてくれます。2種類のトッピングを選びます。あずきと愛玉ゼリーにしました。
トロトロの豆花とかき氷のコラボレーション、両方食べたいときにぴったりです。味は黒砂糖ベースのシロップです。昔ながらの懐かしいお味でした。
DSC_0287.jpg
DSC_0301_2019081314411494b.jpg


かき氷はトッピング4種類選べます。
タピオカ、愛玉ゼリー、カラフルゼリー、仙草ゼリーにしました。
こちらも黒砂糖のシロップです。シャリシャリした食感がいいです。
DSC_0304.jpg
DSC_0305_2019081314411690b.jpg


新北市鶯歌區尖山埔路115號








スイーツを食べたばかりでしたが、お昼を食べないわけにはいきません。すぐそばにあるお店へ向かいました。

鶯歌老街にある飲食店でトップ3に入る有名な厚道飲食店です。
お店の看板メニューは「古早味排骨飯、パークー飯」豚肉の唐揚げのどんぶり飯です。ほとんどのお客さんがこちらを食べていました。
内装もレトロで鶯歌の町並みにぴったりです。
火曜日が定休日なのでお気を付けください。さきほどの豆花のお店と同通りを少し東に行ったところにあります。
DSC_0311.jpg
DSC_0312.jpg
DSC_0314_20190813144122342.jpg
DSC_0321.jpg



古早味排骨飯
単品ですとなんと100元です。350元ほど
大きな丼からはパイクーがはみ出ていました。厚みもしっかりとあります。さつまいもの衣が付けられたパイクー、揚げたてでサクサクの食感が良いです。味付けも昔ながらの味付で食欲が進みます。さらにパイクーの下にはおかずがびっしり。なんともうれしい一品です。
DSC_0332_20190813144127f8f.jpg
DSC_0339.jpg
DSC_0346.jpg
DSC_0354_20190813144131b7a.jpg

メニューにあった古早地骨露と蜂蜜地骨露という飲み物を注文しました。名前を見るのも聞くのも初めてでしたが、珍しいので飲んでいました。どうやら体の熱を取るのに良いとされているクコの根っこを煎じているものだそうです。ほんのりと甘い味の中に独特の香りが後から追いかけてくる味わいでした。
DSC_0358.jpg



ちなみにもう一つ店舗(創始店)がありますが、こちらではパイクー飯は販売してないそうです。
DSC_0310.jpg



新北市鶯歌區尖山埔路79號

02-2677-7617







腹ごしらえした後は、さらに陶器を求めて歩きました。
様々な陶器のお店がひしめき合っていました。
DSC_0363.jpg
DSC_0366_20190813144324e38.jpg




最後に鶯歌で一番有名な巻き寿司のお店に行きました。

ここはおすすめできません、、、
DSC_0378_20190813144326ed2.jpg
DSC_0394_2019081314433017d.jpg





今回は行けませんでしたが、鶯歌陶瓷博物館には砂場と水遊びできる場所が設けられています。遊び場や子供向けの陶器教室などもあります。授乳室も完備しています。

水遊び場は小さい子供も安心して利用できるように設計されています。7月ごろから10月ごろ開放されています。午前9時半から午後5時(休日6時)まで。(写真はHPから借りました)
月曜日は水質管理のため開放されていません。消毒日も解放されていません、詳しい日程についてははHPをご覧ください。
WA01.jpg
W01.jpg


新北市鶯歌區文化路200號

https://jp.ceramics.ntpc.gov.tw/







台北から車で30分ほどなので、ショートリップにおすすめです。次回は博物館も是非利用したいと思います。





にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
クリックするとランキングが上がります、応援ありがとうございます♪


台湾ランキング
クリックすると他の方の台湾情報ブログも見られます。クリックするとランキングが上がります、応援ありがとうございます♪


https://www.facebook.com/tabemakuripeko/
Facebookページ
お友達リクエスト待っています^^

https://www.instagram.com/tabemakuripeko
インスタグラム
フォローお待ちしております♪


https://jp.popdaily.com.tw/
Pop Dailyに記事を寄稿しています^^

https://www.tour.ne.jp/matome/list/152/
トラベルコに記事を寄稿しています^^

スポンサーサイト



Comments 2

nyankosensee  

さすが、陶器の町でもおいしいものは外せませんね。
金魚の器、昔からあったのかな?
最近、やたら見るのですごく欲しくなってます^^

ご紹介のグルメと併せてまた訪問したくなりました。

2019/08/19 (Mon) 11:28 | EDIT | REPLY |   
peko
peko  
Re: タイトルなし

花よりだんごなのでついついグルメに走ってしまいます。
金魚の器、何年か前から見かけるようになりましたよね。
実物もとってもかわいいですよ。

> さすが、陶器の町でもおいしいものは外せませんね。
> 金魚の器、昔からあったのかな?
> 最近、やたら見るのですごく欲しくなってます^^
>
> ご紹介のグルメと併せてまた訪問したくなりました。

2019/08/19 (Mon) 23:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply