FC2ブログ

台湾で食べまくり peko

ARTICLE PAGE

新馬辣(食べ放題の鍋料理、麻辣鍋、コラーゲン鍋、酸菜鍋、ビール飲み放題など)

台湾の鍋(沙茶火鍋、酸っぱい鍋、麻辣鍋など)
  • comment0
  • trackback0
手頃なお値段の食べ放題の鍋料理のお店。台北市内に数軒店舗展開している人気店です。こちらは馬辣の新しいブランド。
馬辣との違いは高級海鮮や高級牛肉などが食べ放題のところです。





台北市南京東1段路2號2F

02-2100-2225

営業時間:11:30-2:00








人気ブログランキング(台湾旅行)へ
(文字をクリックするとランキングが上がります、応援ありがとうございます^^)




バラの花が壁一面に敷き詰められています。
ボックス席がほとんどでした。
ベビーチェアーあります。






鍋のスープは5種類あります。麻辣鍋、野菜鍋、花雕鶏、コラーゲン鍋、酸菜鍋です。ここから2種類選びます。
メニューには牛、豚、鶏、内臓、海鮮、きのこ類、野菜、練り物、ご飯、麺などがあります。
アルコールは台湾ビールのみです。
同じ系列の馬辣と新馬辣の違いを確認できる表です。
新馬辣の方が高級肉や海鮮が食べ放題になっているので、少し高くなっています。
ランチは635元、ディナーは725元、土日は725元です。
小学生は半額、4歳から6歳は100元、3歳以下は無料です。
※クリックで拡大できます。






ドリンクコーナー、ミルクティーとタピオカまでありました。タピオカミルクティーをDIYできます^^
もちもち加減は若干劣りますが、食べ放題なら十分のクオリティーです。
ミルクティーはお茶が濃い目でした。
台湾ビール飲み放題です。

















ディナーに利用しました。予約で満席でした。









メニューは書き込み式です。書き込んで店員さんに渡します。1回の注文につき最大8種類、各3つ分まで注文できます。
※メニューに書いてある食べ物はすべて店員さんが配膳してくださいます。
鍋のスープは2種類選びます。麻辣鍋とコラーゲン鍋()原蛋白鍋)にしました。







まずは台湾ビールで乾杯!






タレバーでつけタレを作ります。









麻辣鍋とコラーゲン鍋()原蛋白鍋)
スープの味は食べ放題なのでそれなりです。







肉はこのように並べてくれます。
テーブルが食べ物でいっぱいにならないのがうれしいです。






オーストラリアM7クラスの牛肉やアメリカPrimeの霜降牛肉など良い肉が食べ放題です。













花雕鶏、きのこ、きゃべつ














タレバーの下にたくさんの麺類が置かれていました。自分で取って鍋にいれます。種類がとても豊富です。










台湾のインスタントラーメン「王子麺」にしました。










鍋の中にはあらかじめ豆腐と鴨血が入っています。
こちらも食べ放題です。店員さんがテーブルを周って入れてくれます。







メニュー2番の内臓類や老油條、豚血()、ブロッコリーなど
老油條を麻辣鍋に入れて食べるのが台湾ではポピュラーです。









高級海鮮も食べ放題をうりにしているだけあって、クオリティーの高い海鮮でした。






とこぶし、いかのすり身、アルゼンチンアカエビ、ホタテ、いかなど










メニューに和牛カレーライスもありました。その他ご飯、うどんもあります。






タロイモ、大陸妹、ヤングコーン







子供には風船のサービス^^






ハーゲンダッツは16種類、モーベンピックは8種類が食べ放題になっています。
台湾の鍋屋さんは高級アイスまで食べ放題のところが多いです。ふとっぱらですね!






























サービスいいです。てきぱきとしていました。
鍋料理をたくさんリーズナブルに食べたいときにおすすめです。
利用時間は2時間制となっています。
特に冬は予約必須です。














台北市南京東路2號2F

02-2100-2225

営業時間:11:30-2:00











https://www.facebook.com/台湾で食べまくり-peko-856847314484368/
Facebookページ
お友達リクエスト待っています^^

https://www.instagram.com/tabemakuripeko
インスタグラム
フォローお待ちしております♪


人気ブログランキングへ
(文字をクリックするとランキングが上がります、応援ありがとうございます^^)
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply