FC2ブログ

台湾で食べまくり peko

ARTICLE PAGE

ブルネイ4日目その1

東南アジア、香港、その他旅行記
  • comment0
  • trackback0
4日目の朝ごはん
パンケーキにしました。
いつものケーキがどぎつい色に変っていました。
マレー料理も少し違っていたので、やっぱり食べることにしました。














この日は飲茶はいりますか?と言われました。
なんのことかよく分からなかったので、とりあえずOKと返事しました。

少しするとテーブルまでこちらの飲茶らしき食べ物を持ってきてくれました。
(どうやらブルネイ人は飲茶が好きなようです。)

味は飲茶に似たものもあれば、全然違うものもありました。
四川呉手(四川風辛いワンタン)もあります。












4日目はさすがにホテルステイも飽きたので、ショッピングモールにしました。



ブルネイは国民の7割が公務員なので、タクシーを運転している人があまりいません。タクシーの台数も40台ほどしかないそうなので、ホテルから移動する場合は予め予約が必要です。
ホテルのシャトルバスもありますが、値段はタクシーとあまり変わらなかったので、そちらにしました。







コンシェルジュデスクでツアーの手配やタクシーの手配などをしてくださいます。
いろいろなツアーがあります。
ご参考にどうぞ。
私たちは土曜日にもシティーツアーを予約しました。














中国語のできる運転手を手配してくださいました。






相変わらず大きな家が見えます。
町並みもきれいです。
フリーウエイを走っているとロサンゼルスを思い出させる景色でした。







15分ほどでブルネイ一の大きさを誇るショッピングモール
「The Mall」に到着しました。








パン屋さんはちょっと台湾の地元にあるようなパンが売られていました。
カラフルな色のケーキが東南アジアらしいです。(アメリカもそうですが。)
アメリカの大手ピザ屋や台湾高雄のドリンクスタンド貢茶もあります。韓国のカフェカフェベネもありました。
旅カエル君まで。
映画館もあります。
































ランチは最上階にあるフードコートでいただきます。
多国籍な料理が揃っています。











夫と子供はフィリピンのフライドチキンショップの料理を注文しました。
ナシレマとフライドチキンのセットもあります。
ブルネイらしいセットですね。
















私は地元の人が一番多いお店にしました。
英語がどの方も流暢でありがたいです。







注文とお会計をするとこちらの番号札を渡されます。
テーブルに置いておくと、店員さんが料理を運んできてくれます。





スープだと思っていたら、ビーフン入っていました。
見ためは辛くなさそうですが、こちらもちょっと辛いです。
この麺が結構辛かったです。
最初は甘いのですが、後から辛味がどんどん押し寄せてきます。










ブルネイのお金 リンギット
国王様の肖像画入りです。











プリーツが入っているイスラムの衣装
素敵でした。





フードコートの奥にあるゲームセンターでちょっと遊びます。
ブルネイは厳格なイスラム教の国で、あまり娯楽がありません。







おもちゃ屋さんでおもちゃを買います。
売っているものはちょっと時代を感じるものです。








小さい子供が遊べる遊び場もありました。







地下にあるスーパーも見学します。







フロッピーディスクやテープまで売っています!








見たことがない野菜なども売られていました。
ビールらしい瓶入りのドリンクも売られていましたが、もちろんビールではありませんよ。
乳製品やヤクルトなども売っています。
一番最後の写真の緑色のものはなんだかわかりませんでした。




























お土産コーナー
あまり購買意欲が沸きませんでした。







ヒジャブいろいろな柄があります。









その2へ続く





















https://www.facebook.com/台湾で食べまくり-peko-856847314484368/
Facebookページ
お友達リクエスト待っています^^

https://www.instagram.com/tabemakuripeko
インスタグラム
フォローお待ちしております♪


人気ブログランキングへ
(文字をクリックするとランキングが上がります、応援ありがとうございます^^)
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply