FC2ブログ

台湾で食べまくり peko

ARTICLE PAGE

吉品海鮮餐廳 (広東料理)(フカヒレ編)

フカヒレ
  • comment0
  • trackback0



飲茶編はこちら


2005年から営業している広東料理のお店。
料理長は香港式料理の20年以上の経験があり、毎日選び抜かれた海鮮を使用しているそうです。

今回はこちらのフカヒレの姿煮をいただきました。




支店の敦南店2階の窓から差し込む光や緑が楽しめます。



個室5人用で昼1万2千元、夜1万5千元です。写真は10人以上の個室になります。



ランチコースは780元から4980元ありました。1080元からフカヒレの姿煮が含まれています。



参考のためにこちらのメニューを載せます。写真入りでとても見やすいです。













平日のランチに利用しました。月曜日でしたが、ほぼ満席でした!
大人4人で利用しました。






紅焼排翅(フカヒレの醤油旨味煮込み)などを注文しました。



フカヒレの姿煮以外に、フカヒレと蟹肉炒めや予約必須のフカヒレと鶏の蒸しスープなどもあります。


紅焼拝翅(フカヒレの醤油旨味煮込み)1両


濃厚な鶏ベースのスープ。
メニューには醤油風味と書かれていましたが、醤油らしさはないです。
素材の旨みがスープにうまく溶け出していました。



1両なので量はあまりないですが、美しい姿煮でした。



脆皮()子鶏
鶏肉のスペシャルパリパリ揚げ
ここの人気メニューの1つです。
みごとなパリパリ感のある鶏の皮。香ばしくておいしいです。



奇香冬粉青蟹() かにと春雨の広東風スパイス煮込み




22両の大沙公を使用しています。
春雨にかにの旨みがこれでもかというほど染み込んでいました。おいしいです。
思い出すとまた食べたくなる味でした。
週末は売り切れるほど人気です。



百花蒸釀絲瓜
えびと白身魚のつみれの固めたものがたっぷりとへちまと一緒に蒸し上げてあります。
えびと白身魚のつみれのボリュームがすごいです。



吉品流沙包



今まで何度となく食べているこちらのカスタードまん。
今日は餡のトロトロ感が少し足りませんでした。



サービスはいいですが、お昼休み前に断りもなく掃除機で掃除を始めたが気になりました。
フカヒレのスープの味が良かったです。また利用したいと思います。


お会計2100元(1人分のお値段)         日本円約6300円


台北市敦化南路一段25号2F
02-2752-7788
http://www.jipin.com.tw/





スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply